ワンツスリーと次元を旅するブログ。岩代俊明先生のマンガを主に語ってます。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
せいくらべ
1006122109.jpg
<せいくらべ>
ひめ「・・・・ガクリン、恥ずかしいデス。。」
ガク「どうして?オレより背高いよ?希望どおり。」
ひめ「希望っていうかッ、なれないものへの憧れっていうかッ、うらやましいっていう…ッ」
ガク「わかった。」
ひめ「うん。」
ガク「だから、もう少しこのままで。」
ひめ「うん?」
ガク「この角度のひめのんを目に焼きつけるから。」
ひめ「・・・・ガクリン、恥ずかしいデス。。。////」


お言葉に甘えて過去の落書き引っ張り出して来ました。
線が汚すぎたのでトレース。
前後のシチュは忘れました(爆)
この絵の横に、会話がメモしてあったので、一緒に載せましたw
こういったデリカシーには欠けてる男だと思いますw
本人はツキタケにやってるのと同じ感覚ですが^^

落書き帳の半分はガク姫、他によく描いてたのは、サムライ7・灰羽・テニプリでしたw
古い落書きみてて、個人的にムラッとぶり返したのがペルソナ3。
私、会計の千尋ちゃん、風紀の小田桐、写真部の平賀先輩ら辺との親密度ばっかり上げてたら、
剣道部の宮本と、同クラの友近の二人から険悪ムードになってしまって…、
この二人に執着される主人公…、それに親愛を持って接してくれる小田桐と平賀…、
ベーコンレタス的に、ちょう美味しいと思ってました☆
宮本&友近&小田桐→主人公→平賀ていうベクトルで妄想してた落書きもありました(爆)
宮本なんて運動部だから他の子らより力あると思うんですよね、
そこに部活に入ってない友近が頑張って割って入るやりとりとか…、あかん、好きや。
【2010/06/12 21:33】 岩代作品 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<しつこく生きています | ホーム | ばってり>>
comments
----
シュシュさんこんにちは~。
素敵な絵をUPしてくださりありがとうございましたVvひめのん、愛されまくりですね^^またシュシュさんの愛のある絵が見たいです!!ぜひ、気が向いたときにまたアップしてくださいね!

前回お話にあったあさのあつこさんのバッテリー。まだ読めていないです(汗)。夏休み中には必ず読んで見せますとも!!シュシュさんはNO.6いかがでしたか??

昨日、岩代先生へのファンレターのお返事のお返事書き終えました!今日投函します。恥ずかしながらファンレターの最後に「岩代先生の作品を通じて友人ができました。岩代先生のおかげです☆」と書かせて頂きました。もちろんシュシュさんのことです。これからも、まったりとお付き合いください。m(_ _)m

みえるひとって、時間が経っても、あ、いい作品だったな~。もう一回みたいなと思うすごくすばらしい作品ですよね。シュシュさんには他にもこんな作品あったりしますか?私は02~03テレビ放送していた「プリンセスチュチュ」もこのような作品なんです^^(岩代作品を中心に語るこのブログで他の作品を語るのはどうかなーと思ったのですが・・・^^;もしあれでしたらスルーの方向で!)セーラームーンの作画を担当していらっしゃった伊藤郁子原案のバレーとクラッシック音楽をちりばめた宝石のような作品なんです。(いい作品なんですけどねー、全国放送で無かったためか、知名度が低いのが残念です)アヒルという女の子がペンダントの力を使ってプリンセスチュチュに変身。心を失った王子様に心のかけらを戻していくという物語です。まず、アヒルの真の強さやがんばる姿勢がどこと無くひめのんを彷彿とさせます(ひめのんみたいにちょっと天然ぽいけど芯がしっかりしてるキャラって大好きです☆)物語が~卵の章~と~雛の章~に分かれるのですが、卵の章だけだったら美しい御伽噺。雛の章はいままでの御伽噺には無いような意外などんでん返しがあって惹きつけられました。物語の内容自体も素直なハッピーエンドにはなってくれないんですよね。物語の最終回では素敵な夢から覚めてしまったような切なさを感じます。あ、でも笑いの要素も充実してるんですよ。超毒舌なアヒルの親友とか、「私と結婚してもらいますよ!!!」が口癖の猫先生とか(スマートなバレーの先生なんですが、いかんせん姿は二足歩行の猫なのですよww)私の説明だけじゃなかなか良さが伝わらないな・・・(汗)機会があったらぜひ見てみてください!

それでは今日はこのあたりで、お邪魔しました★
【2010/06/27 08:27】 URL | mai #-[ 編集] |
--Re: タイトルなし--
こんばんわ!お返事遅くなって申し訳ありませんでした(汗)ガク姫絵を気に入っていただけて光栄です^^愛はあるのにネタがない、という状況で・・・更新がおよそ月1になり果てていますが、はい、また描きますネ☆ 私も、私もまだNO、6読めてないです(滝汗)あるのに、手元にあるのにぃぃぃorz希望もない試験とか、ハイエイタスのアルバムやイナイレ3の発売とか、そういうのに気を取られ・・・。まだ冒頭をチラ見したくらいで(汗)たぶん読んだら、叫ばずにはいられないと思うので、その時はお相手してくださいvV
ファンレタのお返事のお返事(笑)、私も今日出してきました~!新刊の感想とお返事のお礼をしたためました^^表紙もむっちゃ綺麗でしたし、1コマ漫画での眼鏡を外してる射場さん、ヤバすぎませんか?!はぁはぁ!というか、友人だなんて・・・!至極恐縮です・・・ッ!優しい人にはベッタリと引っ付いてしまう性格で、ご迷惑やったらおっしゃってくださいね><岩代先生を好きという人で、ファンになってこのかた、嫌な人に会ったことがないです。きっと、岩代先生の描く、包み込む純粋な人間性が、素敵な人たちを集めるのでしょうね^^こうしてお話出来ているのが、私も、本当に嬉しいですv
プリンセスチュチュの情報もありがとうございます!嫌味じゃないヒロイン大好きですよぅv恋愛ものとして、ヒロインの葛藤って、ライバル出現とか含めて、必要なものだと思いますが、自分の窮地に悩むより、取り巻く人たちの苦悩に悩んであげられる子、無茶で捨て身にみえるけど、誰からも信頼されている子がヒロイン、という作品が大好きです^^アヒルちゃん、強い子なのですね!ヒーローにおんぶに抱っこなヒロイン嫌いなので、ますます気になってきました、プリンセスチュチュ♪はぅ、ハッピーエンドにならないってのも、ガク姫に通じるところがありますね><悲恋なのかしら!?猫先生・・・!ww猫先生みたいなキャラ、完璧に私のツボですwでも王子がいるから、そんな想いも届かないっていう・・・、やっば、猫先生、完全にガクリンの立ち位置じゃないですか?!wようつべとかにないか探ってみますよ!わくわく♪
時間が経っても、いい作品、生きてる内に沢山出会いたいものですね^^私は、漫画だと北条司の「こもれ陽の下で」ですかね。可愛くて切なくて心温まります、生命は儚いけど力強く、すぐ近くに満ち溢れている、とてつもない包容感に救われる心地です(意味不明w)。アニメだと「灰羽連盟」は好きです。ゆっくりとほんわかした、棘もないような世界に冷たい水は滴ってくるけど、それは大事な生命の水なんだよ、っていう感じです(意味不明2w)。
すっかり長話になってしまいました・・・反省(汗)いろんな話も大歓迎ですよ^^視野や価値観を広げたいので、話し上手なmaiさんのお話、また聴かせてくださいネvコメントありがとうございましたー!
【2010/07/05 20:30】 URL | ▼maiさんへ:シュシュ #-[ 編集] |
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://camelswater.blog40.fc2.com/tb.php/181-ed1c3233
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。